読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すくはま

静岡県浜松市に住むワーキングマザーによるブログ。浜松周辺の育児・保活・ハンドメイド・おすすめスポットなどを紹介

引っ越してみてわかった小田原市と浜松市の違いとは?

小田原って一体どんなところ?

f:id:sukuhama:20170503223838j:plain

3月末に浜松から小田原に引っ越し1か月が経ちました。

正直言って私は引っ越しするまで、

小田原について何にも知らない状態でした。

 

小田原といえば

かまぼこ」ということも知りませんでした。

 

そんな無知からのスタートでした。

 

浜松と小田原は距離は離れていますが、

静岡県と神奈川県で隣接する県なので雰囲気的には似ています。

住民の雰囲気もおとなしめで静岡の雰囲気に近いです。

そのためか順応が早かったです。

 

小田原市は子育てファミリーに住みにくいって本当?!

 

引越し前に小田原市についてネット調べてみたら、

「子育てファミリーには住みにくい」と書かれていました。

まだ1か月しか住んでいませんが

住みにくいとは全く感じません。

 

それどころか、

浜松よりいいのでは?と思ったくらいです。

 

例えば子供の医療費負担を比べると、

浜松の場合は中学生まで医療費負担500円です。

小田原の場合は中学生まで医療費負担なしです。

 

わが家の保育園利用料は、

浜松市の時より小田原市の方が3,000円安くなりました。(ただし2歳児から3歳児に年齢があがっていることも関係しています)

 

第二子以降の児童扶養手当が減額になったようですが、

現在子供が1人なので我が家はそんなに影響はなさそうです。

我が家の場合は、

浜松に住んでいた時より負担が減った印象でした。

 

小田原はゴミの分別がすごい!

 

小田原に引っ越して一番驚いたのが

「ゴミの分別」でした。

リサイクルできる資源は出来る限り分別し回収します。

 

・トレー類(プラスチックゴミ)

・ペットボトル

・缶

・ビン類

・ダンボール/牛乳パック/新聞/雑誌/その他紙

・布類(衣類)

・燃やせないゴミ

・燃やすゴミ

 

ゴミの分類がかなり多くて驚きました。

ゴミを順に分別して、

最後に残ったものが「燃やすゴミ」というルールもビックリでした。

 

「その他紙」というのは、

すべての汚れていない紙ゴミを指します。

お菓子の箱、レシート、書き損じメモ、シュレッターゴミ・・・

リサイクルできる紙はその他紙として不要な紙袋に入れて回収してもらいます。

家で出るゴミの多くは実は紙類なので、

紙袋がすぐにいっぱいになるんです。

そして燃やすゴミが予想以上に少なくなりました。

 

ちなみに浜松市の場合ゴミの分別は主に4種類でした

・燃えるゴミ

・プラスチックゴミ

・資源物(ペットボトル・ビン・缶)

・燃えないゴミ

上から順に分別していたので燃えるゴミが圧倒的に多かったです。

 

小田原市と浜松市ってゴミ事情は全然違いますね。